クレジットカード現金化の還元率の平均はどれくらい?高すぎるのは危険?

クレジットカード現金化は便利で手軽な金策手段ですが、まだ使い慣れていない方や申し込んだことのない方の場合には仕組みがわからず「どの業者を選べばよいのかがわかりづらい」と感じてしまう方も多いでしょう。確かに、金策手段のなかでも、利息や金利がない分、何を比べればよいのかわかりづらいと感じてしまうのは仕方ありません。

クレジットカード現金化は、基本的に、申し込んだ額に対して一定の割合で現金が受け取れるという仕組みのサービスです。この「一定の割合」というのは業者ごとに変化するもので、還元率と呼ばれています。

利息や金利がないというのは、利用者にとっては嬉しいものですが、貸金業者は利息によって利益を得るのが事業の基本です。したがって、利息がない現金化では、業者が利益を得られなくなってしまいます。

そこで、この還元率によって申し込み額と振り込み額の差額を作り、その金額を受け取って利益とするシステムを採用しているのです。

還元率の仕組みと相場について

こうして聞くと、還元率も利息のように細かい計算式の元で成り立っているようなわかりづらいものではないか、と感じるかもしれません。しかし、実際にはいたって簡単なシステムです。

例えば、還元率を80%と提示している業者では、10万円を申し込むと8万円が得られ、85%の場合には同じ申し込み額で8万5千円が得られる仕組み。つまり、還元率が高いほど、同じ申し込み額でもより多くの現金が手に入るということです。急いでいる場面では振り込みスピードや取引の簡単さに目を惹かれがちですが、一番に注目するべきは還元率と言えるでしょう。

クレジットカード現金化をするうえで注目したい還元率ですが、業者を決める際の還元率については「80%を最低限の目安」にすることをお勧めします。これより低い還元率の場合には、悪徳業者と呼ばれるようなところだったり、自分にとって利益の薄い取引となったりする可能性が高いです。

逆に優良店と呼ばれるようなクレジットカード現金化業者であれば85%~88%程度での取引を行っており、こうした店舗のなかで、取引や対応する銀行などといった条件から自分が利用しやすい業者を見つけるようにすると良いでしょう。

注意しておきたい悪徳業者の還元率

自分がどれくらいの現金を手に入れられるかに大きく影響する還元率は、できる限り高い業者を選びたいと考えるもの。同じ申し込み額で大きな金額が得られるのは後々のカードの支払いにも負担を少なくしてくれるので、より高い業者を見つけるためにさまざまな比較サイトや口コミサイトを参照しているという方も多いでしょう。

しかし、一方で、還元率だけに目を取られると、トラブルに見舞われてしまうようなケースもあります。下記のような悪徳業者が代表的ですので、こうした業者には十分注意してください。

・高すぎる還元率を提示する業者

還元率が高すぎる業者には注意しなくてはなりません。そもそも還元率は、業者が利益を得るために設けているものです。これがあまりに高いと業者は利益が十分に得られなくなってしまい、通常は営業できなくなってしまいます。カード決済手数料や業者の人件費を考えれば、上記のように、85%前後が妥当と言えるのです。

ところが、なかには95%といった明らかに高い還元率を提示している業者をみかけることがあります。こうした業者は虚偽の記載をしているか、通常では利用しないような条件での還元率を大きく広告していることがほとんどです。利用してみたら記載の還元率とは違った……というトラブルにならないためにも十分に注意しなければなりません。

・虚偽の表示をする業者

還元率は現金化業者を比較する際に重要な指標となります。しかし、その点を逆手にとって虚偽の記載をしているような悪徳業者も少なくありません。「キャンペーン中」や「今だけ」といった広告に踊らされて申し込んでしまわないように、広告の近くに期間の表示がないか、条件についての指定はないかといったことをきちんと確認しましょう。

実際に問い合わせて確かめよう

申し込みたい業者の還元率がどの程度かわからない場合には、直接業者に電話をして確かめてみるのも選択肢のひとつです。問い合わせてみると「すでにキャンペーンは終了している」と説明を受けたり「○○の条件であれば、この還元率で取引可能」といった内容の確認ができたりします。

問い合わせても電話がつながらなかった場合や、対応が横暴で投げやりな口調など、もし不審な点があれば、悪徳業者ではないかを疑いましょう。見せかけの広告に騙されてしまうと、還元率が他の業者よりも低い状態での取引を迫られたり、キャンセルしようとしても手数料がとられたりと、トラブルに発展してしまうこともあります。

便利なクレジットカード現金化も、悪徳業者につかまってしまえば、一気にリスクの高い手段へと変化してしまいます。還元率だけでなく他の部分から業者の見極めができるように注意していきましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

安心ランキング1位ベルファン

  1. be-i

    「ベルファン」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者であるベルファンの詳細情報です。ベルファンの基本情報を掲載しております…

換金率ランキング1位エーキャッシュ

  1. img_kankindo_acash

    「エーキャッシュ」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者のエーキャッシュの詳細情報です。エーキャッシュの基本情報を掲載しており…

実績ランキング1位買取くん

  1. 買取くんの口コミ

    「買取くん」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者で買取くんの詳細情報です。買取くんの基本情報を掲載しておりますのでご利…

クレジットカード現金化コンテンツ

  1. trendcreca

    2018.02.28 | 無店舗型現金化業者詳細

    「トレンドクレカ」の基本情報
    こちらは、トレンドクレカの詳細情報です。トレンドクレカの…
  2. mirai

    2018.02.28 | 無店舗型現金化業者詳細

    「未来ギフト」の基本情報
    こちらは、未来ギフトの詳細情報です。未来ギフトの基本情報…
  3. science-course

    2016.02.29 | カード現金化と新生活

    理系大学で気を付けたい施設・設備費について
    「理高文低」という言葉があるように、理系の大学への進学は…
  4. 取引よりもその後に問題があるケース

    2016.02.29 | 現金化の違法性

    取引よりもその後に問題があるケース
    2016年現在、現在営業しているクレジットカード現金…
  5. 自分でクレジットカード現金化はできるのか?

    2016.04.28 | 初めてのクレジットカード現金化ナビ

    自分でクレジットカード現金化はできるのか?
    現在では、ウェブサイトからの申し込みで誰でも気軽に、…