自分でクレジットカード現金化はできるのか?

現在では、ウェブサイトからの申し込みで誰でも気軽に、クレジットカード現金化ができるようになりました。そのため、クレジットカード現金化をするためには、業者に申し込まなければならないと考えている方も多いかもしれません。

しかし、もともとクレジットカード現金化は、インターネットでの取引がされる以前からも使われていた金策手段です。なかには当時からあったクレジットカード現金化を扱う専門業者の店舗に行って依頼するような方もいましたが、ほとんどの方が自分自身でクレジットカード現金化を行っていました。実は、仕組みさえわかれば誰でも簡単にできるのがクレジットカード現金化なのです。

その仕組みとは、いたってシンプルで「クレジットカードで商品を購入して転売する」というもの。これまでに、現金化目的ではないものの、クレジットカードで購入したブランド品や貴金属をリサイクルショップやオークションに出品したことがあるという方もいるでしょう。現金化業者では「買取り方式」と呼ぶ仕組みで長い歴史を持ちます。

換金率を少しでも上げるために覚えておきたいこと
現在では自分自身で現金化しなくとも、業者へ依頼すればスマートフォンから簡単に申し込みが完了するうえに、振り込みまでも数十分と非常に利便性が高いサービスを受けることが可能です。しかし、一方で還元率が低くなってしまうのが難点。せっかく自分で現金化するのであれば、業者に依頼するよりも高い還元率を目指したいと考える方も多いでしょう。

そこで考えたいのが「どんな商品を購入し、どこへ転売するのか」ということです。一般的に、自分での現金化に適しているといわれる商品には次のようなものがあります。

・ブランドもののバッグや貴金属

世界的に有名なブランドのバッグや時計、貴金属をふんだんに使っているアクセサリーは、値崩れしづらく、人気商品であれば非常に高価で売却できることも多い商品です。以前は、地方の場合には購入商品が限られてしまう分なかなかこの商品で効率良く現金化することはできませんでしたが、現在ではインターネットショッピングを利用することにより手軽な手法になりました。

・新幹線の回数券

新幹線のチケットを購入して金券ショップへと転売する方法です。古くから盛んに行われている手法で、安定して高い還元率が得られます。一方で、カード会社でも警戒されている手法のため注意しなければなりません。

また、近年では新幹線のチケットだけでなく、amazonギフト券をはじめとしたネットマネーのカードを売買することで現金化する方法が注目を集めています。こちらであれば、カード会社にもわかりづらいうえ、任意の金額を購入しやすいので利用者も増えています。

・家電、ゲームソフト

パソコンやデジタルカメラといった家電は、売却価格が高くなりやすい商品の代表格です。また、発売日から時間がたってしまうと急激に売却額が下がってしまいますが、ゲームソフトも売却先が豊富で、現金化目的で購入する方も少なくありません。より小型で持ち運びやすいタブレットやスマートフォンもよく用いられます。

これらは、売買する商品や価格によっては換金率が90%を超えるような取引ができることもあります。売却価格が安定していることもあるため、自分自身でクレジットカード現金化をしたことがない方であれば、このなかから自分が少しでも知識があるものを選んでみるとよいでしょう。

自分でクレジットカード現金化をするメリットとデメリット
自分で現金化をすれば、業者へ依頼するよりも高い還元率が得られる可能性があり、少しでも多くの現金を手に入れたいと考えていれば選択肢のひとつです。さらに、売却価格をあらかじめ調べておけば、還元率がどの程度になるか目安が付けられるのもメリット。これであれば現金化業者を探すような手間も必要ありません。

しかし、一方で足を使わなければならないのは大きなデメリットです。業者に依頼すれば、電話やインターネットから手軽に申し込めるのにもかかわらず、人によっては車や電車を使っての移動が必要となってしまい、時間や手間がかかってしまいます。

さらに、カード会社に現金化目的での使用が疑われてしまうかもしれないことにも注意が必要です。法律には違反しないクレジットカード現金化ですが、クレジットカードの利用規約では明確に禁止されている行為。特に、古くから行われている新幹線の回数券をはじめとした金券の取引は、履歴が頻繁にあると疑われやすくなってしまいます。

利用停止のリスクを避けるのであれば業者を利用しよう
カード現金化業者のなかには、利用者を騙して異常に低い換金率での取引や、振り込みをしないような犯罪行為を働く悪徳業者がいます。あまり現金化を利用したことがない方ではこうした業者にひっかかってしまわないか不安で、自分でやりたいと考える方もいるかもしれません。しかし、上述のように自分で行った結果、カード会社に目を付けられてしまう可能性があります。

もし、カード会社に現金化と断定されると、カードの利用停止や即時一括請求がされることもあり、現金を手に入れるはずが大幅な出費を余儀なくされるリスクがあります。こうなってしまっては元も子もありません。

現金化業者を利用すれば、確かに還元率は自分で行うよりも低くなります。ただし、優良店であればそう大きく変わらない還元率でも取引可能。老舗であれば、カード会社からの追求もされないようなノウハウがありますので安心です。長い実績がある業者はその分、悪徳業者である可能性も低くなります。業者の選び方を覚えて賢く便利な現金化をしましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

安心ランキング1位ベルファン

  1. be-i

    「ベルファン」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者であるベルファンの詳細情報です。ベルファンの基本情報を掲載しております…

換金率ランキング1位エーキャッシュ

  1. img_kankindo_acash

    「エーキャッシュ」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者のエーキャッシュの詳細情報です。エーキャッシュの基本情報を掲載しており…

実績ランキング1位買取くん

  1. 買取くんの口コミ

    「買取くん」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者で買取くんの詳細情報です。買取くんの基本情報を掲載しておりますのでご利…

クレジットカード現金化コンテンツ

  1. cashchange

    2018.02.28 | 無店舗型現金化業者詳細

    「キャッシュチェンジ」の基本情報
    こちらは、キャッシュチェンジの詳細情報です。キャッシュチ…
  2. 住所がないクレジットカード現金化業者は危険?ホームページの住所情報について

    2016.08.29 | カード現金化優良店の見つけ方

    住所がないクレジットカード現金化業者は危険?ホームページの住所情報について
    皆さんはお金に困ったとき、どのような手段を思い浮かべるで…
  3. img_shinseido_l-thumb-1000x1000-51

    2016.02.01 | 無店舗型現金化業者詳細

    「新生堂」の基本情報や口コミ
    こちらは、カード現金化業者の新生堂の詳細情報です。新生堂…
  4. ライフパートナーの口コミ

    2016.02.01 | 無店舗型現金化業者詳細

    「ライフパートナー」の基本情報
    こちらは、カード現金化業者のライフパートナーの詳細情報です。…
  5. ヤミ金とサラ金の違い!クレジット現金化業者とは関係ある?

    2016.07.29 | カード現金化とヤミ金業者

    ヤミ金とサラ金の違い!クレジット現金化業者とは関係ある?
    金銭的にピンチに陥ってしまうと、お金を借りるしかありません。…