個人情報やクレジットカードが不正に使われる!悪徳業者の利用は絶対にNG

クレジットカード現金化は、バブル景気の前後には世間一般で普及していたサービスです。適正に営業している老舗の業者がある一方で、違法行為を行う悪徳業者が運営している可能性もあります。

違法性の高い業者の場合、消費者のクレジットカード情報を不当に利用する例もあるそうです。一度クレジットカード現金化をした消費者を顧客リストで管理し、カード番号やセキュリティコードを保管していると言います。たとえば、店頭で担当者が控えを取っているときに、必要以上の情報を記録されているかもしれません。

一部の悪徳現金化業者は、ヤミ金業者や詐欺グループが背後にいると言われています。彼らの目的は、適正な換金サービスとして消費者にクレジットカード現金化を提供することではありません。これは、個人情報の取得と顧客リストの売買が狙いだからです。

オンライン業者もハイリスク

悪徳業者は、クレジットカードの不正利用や顧客リストの売買、執拗な現金化の再利用勧誘など、不当に取得した個人情報をさまざまな用途で使用します。消費者が泣き寝入りしているケースも多いようなので、まずは悪徳業者に出会わないように注意しなければなりません。

店頭だけでなく、オンライン業者の利用も危険です。業者は、クレジットカード現金化の利用時、クレジットカード番号とともに、カードの有効期限やセキュリティコードを消費者から聞き出します。店頭でのカード決済と同様、担当者が記録を控えている可能性も考えられるのです。

オンラインショッピングに慣れている消費者は、業者からの質問を不自然だと感じないものです。しかし、一度個人情報を教えてしまったら、いつ悪用されるかわかりません。気が付いたときには、多額のショッピング利用されてしまったという事例もあります。

怪しい業者に相談しないことが大切

今回ご紹介したような事例は、現金化業者が個人情報保護法に抵触している可能性が高いです。もし、実際にクレジットカードを使い、ショッピングをした場合は詐欺罪にも該当します。法律上、不法行為をした現金化業者は裁かれますが、カードの被害額が返ってくるとは限りません。

違法な悪徳業者の取引はハイリスクです。消費者が自分の個人情報の売買を防ぐ方法は、怪しい業者に相談しないに限ります。クレジットカード現金化を利用する場合、事前に優良業者を探し、安全な取引ができるように努めましょう。


コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


関連記事


おすすめ記事

安心ランキング1位ベルファン

  1. be-i

    「ベルファン」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者であるベルファンの詳細情報です。ベルファンの基本情報を掲載しております…

換金率ランキング1位エーキャッシュ

  1. img_kankindo_acash

    「エーキャッシュ」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者のエーキャッシュの詳細情報です。エーキャッシュの基本情報を掲載しており…

実績ランキング1位買取くん

  1. 買取くんの口コミ

    「買取くん」の基本情報

    こちらは、カード現金化業者で買取くんの詳細情報です。買取くんの基本情報を掲載しておりますのでご利…

クレジットカード現金化コンテンツ

  1. ブラックでも問題なし!現金化が使える理由とは

    2016.03.29 | 本当にお金が無いときの対処法

    ブラックでも借りれる消費者金融を利用する前にクレジットカード現金化がオススメ
    ブラックリストに記載される」とは銀行や消費者金融とい…
  2. 2018.04.05 | 都道府県から業者口コミ・体験談

    北海道の業者口コミ・体験談
    山本さん北海道でクレジットカードの現金化をする店舗といえば、…
  3. img_aftercard_l-thumb-1000x1000-5

    2016.02.01 | 無店舗型現金化業者詳細

    「アフターカード」の基本情報
    こちらは、カード現金化業者のアフターカードの詳細情報です。…
  4. img_aozora_l

    2016.02.01 | 無店舗型現金化業者詳細

    「あおぞらクレジット」の基本情報
    こちらは、カード現金化業者であるあおぞらクレジットの詳細情報…
  5. joyful

    2018.02.28 | 無店舗型現金化業者詳細

    「ジョイフル」の基本情報
    こちらは、ジョイフルの詳細情報です。ジョイフルの基本情報…